いまさらバージョンアップ

だいぶ前に お家サーバで使用している FreeBSD 7.0-STABLE のセキュリティサポートが終了していたのですが知らないことにして(笑)使い続けてました。

で、せっかくの休み初日が雨、雨、晴れ間、雨、雨。だったのでバージョンアップしてみました。

お家環境は 24H 稼動の ThinkPad X22 と そこで動作する環境を開拓するための ML115 G5 上の vm が適宜、動いています。

(1) X22 のリソースを vm に退避
(2) vm で apache を起動
(3) 外からの接続が vm に向かうようネットワークを変更

ここまでは、順調。

(4) X22 に CD-ROM から 7.2-RELEASE をインストール。

これが、うまくいかない。まず、メディアが無かった(笑) vm だと、ISO イメージ咬ますだけなので最近メディアを焼いてない。う~ん、EGO ECO。
で、焼いたメディアからブートさせるんだけど、途中で panic しちゃう。CardBus の USB2.0 カードを抜いたり、USB-CDROM ドライブを抜き差ししてたらなぜか起動しました。どれが原因だか分からないけど、インストールできたからいいや。

(5) 平行して、新しい vm をつくり、そこにも 7.2-RELEASE をインストール。
(6) cvsup-without-gui 入れる。
(7) cvsup で 7.2-STABLE 持ってくる。
(8) ML115 G5 の cpu パワーに任せて buildkernel & buildworld。
(9) X22 に vm の /usr/src と /usr/obj を nfs マウントさせて installkernel & installworld。
(10) あとは、退避させたリソースとネットワークを元に戻して終了。

細かいところはだいぶはしょったけど、大まかにこんな感じ。

部屋が暑いと ML115 G5 がやたらうるさくて不快でしたが、HDD が壊れるよりはましかと言い聞かせ我慢大会でございました。今日中に終わらず、明日以降にずれ込んでたら安眠妨害だったなぁ・・・

Tags: ,

Leave a Reply

CAPTCHA