Posts Tagged ‘保守’

TechNet サブスクリプション

土曜日, 7月 24th, 2010

ちょっとわけあっていろいろ試すのにいっぱいプロダクトを購入するのは無理!
と、Microsoft 関連を調べてみた。
以前から存在する、ころころ名前が変わる開発者向けの検証ライセンスが現実的なソリューション。

さらに調べるとクーポンコードが季節によって発行されているようで。

でも、今日はないんです。
思い立ったが吉日で定価で購入してしまおうかと思ったものの、

【TNサブ】8月からのキャンペーンのお知らせ

なんてものを発見。

8月2日からだよ~ってTechNet サブスクリプションに記載があります。
25% off だそうです。

ESXi も 4.1 に

火曜日, 7月 20th, 2010

ヴァージョンアップしてました(汗)

ESXI4.1 Download

ESXI4.1 Download

VMware vSphere HypervisorTM (ESXi) 4.1 だそうで。

新機能は 多々あるようですが vm から Host 機の USB ポートを認識できるようになったことが一般人にはうれしいことでしょうか。

あれ、一般人は ESXi なんか使わないなんて突っ込みは無しですよ(笑)

8.1-RELEASE

火曜日, 7月 20th, 2010

FreeBSD 8.1 がリリースされた模様。

本家の ftp サーバには iso イメージ(amd64)があがってる。
リリースノートもまだだし、日本のミラーサイトには上がってないのだが。

おうちサーバがまだ 7 系なのでそろそろメジャーバージョンアップしないとね。

ほったらかしだったものが結構あるので・・・寒くなったらやろう(笑)

思い出せない・・・

木曜日, 12月 31st, 2009

しばらくあっちの世界から遠ざかっているのに、お友達とファイル交換するのに WebDAV とか使っています。
ネームドバーチャルでいろいろ立ち上げると hosts ファイルの設定が面倒。
デスクトップPC には設定したけれど、ベットサイドPC には未設定で、『あれっ?みられん!』って。
そこで家庭内ネームサーバが欲しくなるのですが、bind 級はそれだけのことをするのに設定が面倒。
どっかの記事でもっと軽いのがあったはず・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
どうやら勘が鈍ったようで見つけるまでにやたらと時間がかかりました。

Unbound

そう、それ。

キャッシュ用途がメインらしいですが、ローカルな情報も追加できます。
お家サーバの FreeBSD-RELEASE8 移行と同時に入れる予定です。

あらまぁ

木曜日, 10月 29th, 2009

vmware player 3.0 が登場していますね。

今までは『player』だったのですが、このバージョンからは『player?』ですね。

なんで?

単体で vm が作成できるようになってます。
今までは他のアプリケーションで vm をこしらえてから起動していたのですが今後は必要なくなるようです。

普通のユーザからすれば(普通のユーザは vm なんて使わない?) workstation との差別化が難しくなるんじゃないかと心配になってしまいますが、ありがたい限りです。

若干動作も軽くなっているような・・・

あらまぁ、今までごにょごにょしながらインストールしていた VMware Tools も勝手にダウンロードしてくれます。

あら、便利。

若干どころかだいぶ動作が軽くなってますね。体感での話ですが。

クライアント OS でのパーティショングに最適なソリューションになったと思います。

ESXi もしてました。

火曜日, 8月 4th, 2009

えぇ、なんか気づいたら ESXi が VMware ESXi 4 なんてメジャーバージョンアップしてまして。なんか、64bit CPU 専用になったとかで、せっかく Phenom なんて 64bit CPU だし、メモリ 16GB もあるし、恩恵あるかなぁ?なんてことで ESXi 4 に乗り換えてみました。

結論から言うと、差異は良く分からない。VMware vSphere Client が日本語で表示されるのが大きな変更点?かなぁ?あぁ、あと、FreeBSD がゲスト OS として正式にサポートされるようになった。これ、うれしい。

で、どうやって乗り換えたか。

新しい USB Flash に 3.5 と同様の手順で dd して、datastore を再認識させて終わり。多くの方々と同じく USB から ESXi を起動しているのですが、皆様のまねをしても気持ちよく行かないんですよね。バージョンアップの途中でだんまりしちゃったり datastore が見えなくなったり。datastore が見えなくなっちゃうのは再スキャンすれば OK でしたが。

が、

datastore を再認識させた後、vm をどうやって再認識させるのかが分からなかった。だから、3.5 のままほうっておいたのですが、何の気なしに触っていたら簡単なことだった。

リソースのデータストアから対象 datastore を右クリックして「データストアの参照」でデータストア ブラウザを開く。

datastore

vm の保存フォルダを開き vmx ファイルを右クリックすると・・・

add_vmx

あら、「インベントリへ追加」なんて楽しい文字が。

えぇ、それだけのことのようで。

いまさらバージョンアップ

月曜日, 8月 3rd, 2009

だいぶ前に お家サーバで使用している FreeBSD 7.0-STABLE のセキュリティサポートが終了していたのですが知らないことにして(笑)使い続けてました。

で、せっかくの休み初日が雨、雨、晴れ間、雨、雨。だったのでバージョンアップしてみました。

お家環境は 24H 稼動の ThinkPad X22 と そこで動作する環境を開拓するための ML115 G5 上の vm が適宜、動いています。

(1) X22 のリソースを vm に退避
(2) vm で apache を起動
(3) 外からの接続が vm に向かうようネットワークを変更

ここまでは、順調。

(4) X22 に CD-ROM から 7.2-RELEASE をインストール。

これが、うまくいかない。まず、メディアが無かった(笑) vm だと、ISO イメージ咬ますだけなので最近メディアを焼いてない。う~ん、EGO ECO。
で、焼いたメディアからブートさせるんだけど、途中で panic しちゃう。CardBus の USB2.0 カードを抜いたり、USB-CDROM ドライブを抜き差ししてたらなぜか起動しました。どれが原因だか分からないけど、インストールできたからいいや。

(5) 平行して、新しい vm をつくり、そこにも 7.2-RELEASE をインストール。
(6) cvsup-without-gui 入れる。
(7) cvsup で 7.2-STABLE 持ってくる。
(8) ML115 G5 の cpu パワーに任せて buildkernel & buildworld。
(9) X22 に vm の /usr/src と /usr/obj を nfs マウントさせて installkernel & installworld。
(10) あとは、退避させたリソースとネットワークを元に戻して終了。

細かいところはだいぶはしょったけど、大まかにこんな感じ。

部屋が暑いと ML115 G5 がやたらうるさくて不快でしたが、HDD が壊れるよりはましかと言い聞かせ我慢大会でございました。今日中に終わらず、明日以降にずれ込んでたら安眠妨害だったなぁ・・・

HP ML115 G5 その後・・・

月曜日, 4月 20th, 2009

壊れたままだと何もできないので修理手配しましょう。

10:16 HPレスポンスセンター修理受付窓口に電話。
シリアル番号、個人情報、簡単に症状を伝える。
折り返し切り分け担当から電話がある旨説明を受け終了。

10:52 切り分け担当から入電。
どんな状況で今回の症状になったのか?
UPSにつながってるか?
電源コードを抜き差ししたか?

電源ユニットの問題だと思われる。

訪問修理 or 部品送付のセルフ交換 どっちがいい?

それだけ。

明日には電源が届くでしょう。

あら簡単。

しかし、この連休にやろうと思ったことができなかったよ・・・

HP ML115 G5 昇天

金曜日, 4月 17th, 2009

しばらくほったらかしだった ESXi 上の FreeBSD 7.0-STABLE な VM を メンテナンスしようと cvsup しました。
で、せっかちは

make -j 32 buildworld

なんてしてみました。
しばらくすると ML115 が『ブスッ』って音とともに沈黙。
ブレーカーが飛んだかと思ったが同じところからとっている ThinkCentre は動いてる。
・・・
・・・
電源、死んじゃったポイです。面倒なんで切り分けしてないですが、多分そうでしょう。

HP のサーバ製品は

http://h50222.www5.hp.com/support/405661-B21/warranty/72537.html

に、記載されている方法で問い合わせれば良いようです。
問い合わせの過程はまた後ほど。

みられます。

火曜日, 3月 17th, 2009

回線種別変更に伴う作業が完了したので、shigel.net 復旧しました。

動画が見られるようになったはずです。
 
 
問題あればコメントください。